外壁塗装 費用の秘密
悪徳業者に騙されない見積書の見方と注意点
外壁塗装の相場はあるのか?

外壁塗装を計画していますか? 外壁の塗り替えはとても重要なことです。

何故なら、外壁の塗り替え次第で、家は必ず長持ちするからです。

外壁の塗り替えは、家を長持ちさせるための大事な作業だと認識しましょう。

 

外壁塗装工事を計画した時に一番困るのは、外壁塗装の相場がハッキリしないことです。gaiheki

外壁塗装工事には、所謂適正価格というものがありません。

同じ家で見積もりをしてもらっても見積書の価格がどれも違う

ということが多々あります。

 

これは、外壁塗装業界に明確な統一した判断基準がない

という理由からです。 各業者毎に判断基準が違うので

見積書の金額もマチマチになるです。

 

そのような状況を理解した上で、それでは大事な資産である我が家の寿命を延ばすための外壁塗装工事をどのように進め、マチマチな見積書をどのように評価して業者を決めればよいのか

悪徳業者に騙されないための知恵を纏めてみます。

 

外壁塗装の窓口で見積もりチェックする

                                        外壁リフォーム無料相談.com

 

外壁塗装が必要か? セルフチェックを!

毎日住んでいる家でも意識してその状態を見ることがありません。

外壁の塗り替えが必要なのかどうか、じっくりと外部を観察してみましょう。

どんな症状が出ていたら、外壁塗装が必要になるのでしょうか?

外壁が色褪せていたり、汚れが付着していないかどうか?

色褪せた外壁、塗装が剥げていたり、塗装表面に艶がなく、汚れが酷い状態ではないかどうか。

塗装表面のふくらみ、ひび割れがないかどうか?

塗装表面がふくらんでいたり、ひび割れや剥がれがある場合、外壁に水分が残留したり、

湿気が籠って塗膜が膨らんできたりします。通気性の悪い塗料とか低品質の塗料を使ったりすると

後々いろいろな症状が出てきます。どのような品質の塗料を使っているかも大切です。

予算を抑えるために安い塗料を選択するのも塗り直し等で結局高くつく場合も。

外壁にカビ・コケや藻が発生していないかどうか?

太陽が当たらない家の陰や北側部分とか垣根や植木、樹木の陰ではカビや藻が発生することがあります。

カビや藻が付着した外壁は、建物本体への影響もあるので塗り替えの際には塗装表面の洗浄や殺菌が必須です。

鉄部の錆や腐食がないかどうか?

家の本体にある金属部分、鉄部表面等の錆を放置しておくと家が長持ちしない原因になります。

錆は、一度発生するとドンドン進行して広がっていきます。錆落としや強力な錆止めを行います。

錆が進行すると腐食がおこります。家屋そのものに腐食の被害が及ばないように対策しましょう。

腐食の被害が家屋に及ぶと外壁塗り替えの費用以上に大きな経済的損失を被ることにもなりかねません。

 

一度意識して家屋の外回りを自分の目でチェックして外壁の塗り替えが必要かどうか判断材料にしましょう。

悪徳業者に騙されないための知恵とは?

外壁塗装には相場らしいものはありません。

だからでしょうか、外壁塗装工事では、「手抜き工事」や「追加工事費」等のトラブルも多くあります。

悪徳業者に騙されないために外壁の塗り替えを依頼する前の知恵、注意ポイントをチェックしましょう。

 外壁塗装工事の業者は、慎重に選定すること。

飛込み営業の業者に、あるいは知人の紹介でとか安易に業者を決めることはトラブルの元です。

専門のアドバイザー等に作業方法や塗料の選定等々の相談をすることが騙されない知恵です。

 外壁塗装工事は、それなりに費用がかかると理解すること。

業者の営業トークは、様々です。キャンペーンとか特別サービスだとか社内の塗料を使用するから割り引くと

か、様々な形で割引きを提案して勧誘してきます。 基本的に、「安かろう、悪かろう」だと理解しましょう。

根拠のない割引は、「手抜き工事」か「安い低品質の材料の使用」の恐れがあります。

外壁塗装の目的は、建物の寿命を延ばすことです。それを犠牲にするような経費削減は、無意味です。

 約10年に一度の外壁塗装は、長期的視点で計画すること。

外壁塗装工事に費用を削減することは、可能かも知れません。しかし、10年間の耐久性がある工事なら

10年間に一度ですが、耐久性が6~7年になると短期間で再工事が必要になります。これでは結局手間と

費用嵩むことになり、経済的負担も増加することになります。工事の計画は、50年、60年のスパンの中で

外壁塗り替えのタイミングを計画することです。

 見積書は、現状調査書や必要な対策項目をベースに作ってもらうこと。

詳細な見積書を貰う際には、外壁の現状を視認観察してもらい現状調査書と対策項目をキチンと書面でもらいます。事前に対策項目を確認し、見積もりを貰うことで工事後の追加費用等のトラブルを回避することができます。

 簡単に業者の「サービス」に惑わされないこと。

外壁塗装の主要な費用は、人件費ですが、熟練の職人かどうか技能も確認したいものです。

足場代は、一般的一戸建てであれば15万~20万円で可能です。足場代だけで20万円以上したら、

その業者は、信用しない方が良いかも知れません。塗料は、しっかりと選びましょう。塗料で経費節減しても

短期間で再工事になれば結局高いモノにつきます。サービスよりも丁寧な工事が大事です。

 手抜き工事を見過ごさないこと。

外壁塗装工事は、専門性のある工事で素人にはチェックは難しいかも知れません。

手抜き工事を見逃さないためのポイントがいくつかあります。

★ 工事前の下準備の高圧洗浄やケレン作業は丁寧にやっているかどうか。

★ 塗料は、通常複数回(3回塗り)です。回数をごまかすとか、塗料の乾燥に時間をかけずに

塗り重ねることは、塗料のふくらみや剥がれの原因になります。乾燥はしっかり見極めます。

★ 足場でないと手の届かない箇所の塗装も手を抜いていないか注意しましょう。

★ 工事後は、事前に書面で確認した対応項目をチェックしましょう。

公示後のアフターフォローもしっかりと契約書で確認します。

外壁塗装工事をすべて業者に任せっきりにすることは危険です。

悪徳業者の言いなりになったり、騙されたりしないために外壁塗装の基本的な工事工程や塗料の仕様等について

最低限の知識は持って業者との対応・協議に臨みたいものです。

外壁塗装の窓口で知恵を借りる!

 

tigas

悪徳業者に騙されないで外壁塗装工事をトラブルなく行うためのポイント!

 複数の見積もりを取って比較すること。

 飛込み訪問販売業者は避けること。

 相談できる専門家を持つこと。

 業者に任せっきりにせず自分でも塗装の知識を学習すること。

 長期的視点で各回の外壁塗装工事を計画すること。

 

外壁塗装の窓口には、厳しい審査に合格した全国500社以上の優良塗装業者が加盟しているので満足できる外壁塗装工事が依頼できます。

 

外壁塗装の窓口を利用するメリット

 口コミ評価の高い優良塗装店だけを紹介しています。

 完全に中立な立場から外壁塗装工事全般についてサポートしています。

 外壁塗装工事のことなら相談・紹介・見積もり等すべて完全に無料です。

 複数の業者の見積書を比較検討することも可能です。

 匿名でも短時間約3分でクイック見積もりが可能です。

 複数見積もり比較検討後、業者への断りも代行してくれます。

 

                                       外壁リフォーム無料相談.com